Disable Commentsを使って不要なコメントをカットしよう!


Disable Comments

トレンドサイトを運営している人で、

コメント機能を使っているかどうかは人によって様々であります。

トレンドサイトの形式にもよりますけど、人の役に立つ情報を掲載しない限りは

変なコメントばかりやってくる印象です。

 

WordPressの記事投稿画面で記事にコメントが

出来ないようにチェックを外したりもしますが、

そんなこと一々やっていたら時間の無駄なので、

「変なコメントマジで来んな!」お考えであれば、

Disable Commentsというプラグインを使いましょう。

 

Disable Commentsを使って今日からアナタも変なコメントとはおさらばです!

 

Disable Commentsの設定方法

Disable Comments

 

最初にDisable Commentsをインストールして有効化しちゃいましょう。

※プラグインのインストールは方法は下記リンク参照に!

WordPress プラグインWordPressにプラグインをインストールする方法!
WordPressにはプラグインをインストールする必要があります。 プラグインと言ってもロックマンEXEは全く関係無いですからね...

 

Disable Comments

 

有効化したら、『設定』→『Disable Comments』をクリックして設定画面に入りましょう。

 

Disable Comments

 

設定画面に入ったら、コメントしてほしくない項目にチェックを入れます。

『どこでも』にチェックを入れれば全てのコメント機能が停止します。

『特定の投稿タイプに適用』にチェックでコメントを停止したい項目にチェックを入れることができます。

 

例として上記画像では『投稿』『固定ページ』にチェックを入れましたが、

『どこでも』にチェックを入れておけば大丈夫です。

 

ただしDisable Commentsの唯一の欠点として(個人的主観)

他所のサイトからトラックバックをしてもらえなくなるので、

他所の大手サイトにトラックバックしてもらいたいと考えているのであれば無理に使う必要はありません。

 

あくまでもDisable Commentsはサイトの目的に合わせて

使っていくものだと私は解釈しているので、

ごちゃまぜ系のトレンドサイトであればDisable Commentsを使うことを推奨します。

 

本当に言いたいことがあれば・・・

 

本当に言いたい事や大事な要件がある人は、

コメント欄を使わずにお問い合わせフォームから要件を伝えてきます。

私の友人の話ですが芸能事務所から

「子役の画像はマズイので対処してくれませんか?」的なメールが届いたことがあります。

その時に友人は迅速に適切な処置を取って問題を回避したと聞いています。

 

えっ人の例じゃなくて?私の例が聞きたいって?

申し訳ありませんが、私の場合はどこぞの広告会社から

「ウチの広告使ってみませんか?」的なメールしか届いたことがないので真っ当な例がありません。

なので友人の時のパターンを拝借させて頂きました。

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

サブコンテンツ