Table of Contents Plusを使って記事に目次を作ろう


Table of Contents Plus

本記事では記事内の目次を自動で表示してくれるプラグイン

Table of Contents Plusの設定方法を解説していきます。

 

記事の中に見出しの目次をが表示されることで、

サイト閲覧者が記事にどんな内容が書かれているのかを把握し、

興味を持ってもらい、ユーザビリティの向上に繋がるのです。

 

ちなみに見出しの目次とは下記に表示されている物です。

Table of Contents Plusの最低限の設定

 

Table of Contents Plus

この項目はTable of Contents Plusの最低限の設定を解説します。

取り敢えず最初にここに書いてあることを設定すれば問題ありません。

 

最初にTable of Contents Plusをインストールして有効化しましょう。

プラグインのインストール方法は下記リンクを参考にお願いします。

WordPress プラグインWordPressにプラグインをインストールする方法!
WordPressにはプラグインをインストールする必要があります。 プラグインと言ってもロックマンEXEは全く関係無いですからね...

 

Table of Contents Plus

 

インストールが完了したら『設定』『TOC+』でTable of Contents Plusの設定画面に入ります。

 

Table of Contents Plus

 

~表示する場所~

目次を表示する場所を指します。

記事の最初に表示するのか、最初の見出しの前に表示するのかを選べます。

見出しの前に表示させるのがベターなのでデフォルトの設定のままでいいです。

 

~表示条件~

見出しをいくつ出した時に目次を表示させるのかを設定します。

デフォルトでは4になっているので2に設定しておきましょう。

そうすると見出しが2以上の時に目次が表示されます。

 

~次の投稿タイプのときに表示~

どの記事のタイプに目次を表示させるのかを設定します。

postは記事、pageは固定ページ、contact Formはお問い合わせです。

 

記事に表示させなければいけないので、postにチェックを入れておきます。

デフォルトだとpageにチェックが入っているので、

そこはお好みで外してもいいしそのままにしてもいいです。

 

~見出しテキスト~

この項目はデフォルトでもいいのですが、

目次の上に見出しを表示にチェックを入れると見出しのタイトルを表示させることができます。

見出しのタイトルはその下の記入欄で設定できます。(デフォルトだとcontent)

 

表示非表示切り替えボタンのテキストは目次を開いたり閉じたりするかを設定します。

デフォルトの表示テキスト:show、非表示テキスト:hideのままだと何の意味なのか分かりにくいので、

表示テキスト:開く、非表示テキスト:閉じるを記入しておきましょう。

 

初期状態非表示はチェックを入れるメリットが全く無いので、無チェックのままでOKです。

チェックを入れると最初から目次が閉じているので開けなければならなくなり、

ユーザビリティが低下します。

 

Table of Contents Plusのデザイン設定

Table of Contents Plus

 

この項目ではTable of Contents Plusのデザインを設定をします。

正直な話デフォルトの設定のままでも良いですが、

どの項目が何なのかを掲載していきます。

 

~横幅~

目次の幅を設定できます。

 

~回り込み~

目次の左右の位置を選べます。

 

~文字サイズ~

本文の文字サイズに対する文字サイズを選択します。

デフォルトだと本文の95%の大きさの文字サイズになります。

 

~デザイン~

目次の背景の色を選択します。

サイトの背景の色に合う物を選びましょう。

 

最後に

 

設定が完了したら更新ボタンを押しましょう。

これでTable of Contents Plusの最低限の設定は完了です。

 

今回はあくまでもTable of Contents Plusの最低限の設定についてなので、

それ以上の設定に関しては別の記事が追記という形で掲載させていただきます。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

サブコンテンツ