パソコンでの作業中に眠くなる原因とは?


パソコン 作業 眠くなる 原因

 

仕事趣味を問わずにパソコンを触っていると眠くなる時ってありますか?

私はしょっちゅうパソコンを触っていると眠くなってきます。

 

ネットビジネスを本業とする以前はパソコンを触っていても眠くなることは滅多に無かったのですが、

ネットビジネスを本業となった今ではパソコンを数時間触っていると

睡眠時間に関係なく眠くなるようになりました。

(集中力も切れやすくなりました)

 

この眠くなる現象は明らかにオカシイと思ったので、

もしもアナタがパソコンで作業をしていて眠くなってしまうようになったら

本記事に書いてある事を参考にして解決に努めて下さい。

 

パソコンでの作業中に眠くなる原因と解決方!

 

パソコンでの作業中に眠くなる原因は複数存在しており、

私は眠くなる原因がほぼ全てに当てはまっておりました。

軽くショックでしたが、これが現実なのです。

原因だけでなく解決方も掲載していきますね。

 

原因:ブルーライト

パソコンやスマホにはブルーライトが出て目に悪いとよく聞きますよね?

眠くなる原因はブルーライトを長時間浴び続けることによる

眼精疲労によるもので普通なら起きている時間でも眠くなります。

(体内時計にも影響がでるので集中力の低下に関わってくる)

 

ちなみ眼精疲労は疲れ目とは別物で、寝ても回復しにくいので厄介です。

(疲れ目は寝れば治る)

 

パソコンやスマホを触る時に最も有効なのはブルーライトカットレンズです。

しかしブルーライトカットレンズは万能ではありません。

なんとブルーライトカットレンズは太陽光ですらカットしてしまうので、

体内時計にも影響を及ぼしてしまいます。

 

なので外出する時にもブルーライトカットレンズを掛けているのであれば、

ブルーライトカットレンズを外して太陽の光を浴びましょう。

 

勿論ブルーライトカットレンズを掛けていても眠くなるので、

昼間すぐに眠くなってしまう人でパソコンやスマホに触る機会が多いのであれば、

使う時間を意識して1日に使う時間を決めましょう。

(仕事で使っている人は定期的に休憩しましょう)

 

原因:猫背

パソコンを触っていると無意識の内に猫背になっている人は多いです。

実は猫背も眠くなる原因の1つであり、猫背によって内蔵が圧迫されて血の巡りが悪くなって

集中力の低下を引き起こして眠くなるのです。

 

もしも眠くなってきたら背筋を伸ばしてみましょう。

(意識するポイントはヘソを前に出す感じで)

 

背筋を伸ばすと脳が筋肉に正しい姿勢を取るように指示します。

すると身体に緊張感が走って眠気が取れるのです。

 

背筋を伸ばすのが体感的に眠気を取りやすいですし、

私生活にも影響するので猫背は改善していきましょう。

 

原因:部屋の換気

私が唯一眠くなる原因に当てはまらなかった項目です(笑い)

換気をしないと部屋に二酸化炭素濃度が高まって血中の酸素濃度が薄くなります。

血中の酸素濃度が薄くなると脳に酸素が届かなくなり、

眠気や集中力の低下を招くのです。

 

それと二酸化炭素濃度が濃い場所は蚊が好むので、夏場は地獄となるでしょう。

勿論暖房を使用する機会が増える冬場もです。

冬場は1時間に1回換気しなさいと学校で教わったと思います。

(最悪冬場にも蚊が出現するようになります。)

 

なので眠くなってきたら外の空気を吸いましょう。

 

その他の解決法!

 

眠くなる原因と解決方法を掲載しましたが、

それ以外にも眠くならない方法はいくつかありますので紹介していきます。

 

目薬を使う

眼精疲労を取るときにメジャー方法ですね、

どんな目薬を使えばいいのかいいますと、パソコン(正確にはOA機器)を

良く触る人向けの目薬として品名に『OA』と入っている目薬が有効です。

(例:ロートOA目薬)

 

温めたタオルを目に当てる

個人的に眼精疲労を取る時に最も有効な方法です。

目薬を使いたくないと考えている人は積極的に行って下さい。

 

水で濡らして絞ったタオルを1分間レンジで温めてから

目蓋に乗せて3~5分間じっとしていましょう。

休憩時間や寝る前の習慣として確実に実行すべきです!!

 

足を冷やす

※冷え性の方は絶対にやらないで下さい!

足は暖かくなると眠くなってきます。

冬場はコタツに入って作業するなんてこともあるでしょう。

しかしそれは眠気を招く行為なのでコタツでの作業はNGです。

 

身体を動かす

推奨されている方法としてはラジオ体操とストレッチです。

勿論人によっては自転車で爆走するなんて方もいらっしゃるでしょう。

(私の同業者の友人はそのタイプ)

 

座りっぱなしは身体に良くないので、適度に身体を動かしていきましょう。

(立ちながらパソコンで作業するのもアリです)

 

今回ご紹介した内容以外にも眠気を覚ます方法は沢山ありますので、

ご自身の体調と合わせながらベストな方法を色々と試してみましょう。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

サブコンテンツ