Lazy Loadを使ってWordPressを高速化しよう!


Lazy Load

 

本記事はプラグインLazy Loadの使い方について解説します。

Lazy Loadは画像の読み込み速度を高速化してWordPressを高速化させるプラグインです。

 

ブログが大きくなるとサイトの読み込み速度が重くなってきます。

サイトの読み込みが重くなるとSEO的に不利になり、

検索エンジンに上位表示されにくくなってしまう場合があります。

 

そんな事で稼げなくなったら元も子もないので、

Lazy Loadを使って画像読み込み速度を上げておき、

サイトを高速化をしていきましょう。

※特に画像を多く使用していくのであれば尚更です。

 

Lazy Loadの目に見える効果

 

Lazy Loadはサイトを高速化させるプラグインですが、

どんな風に高速化するのかを目で確認することができます。

 

それは画像を表示する時にサイト閲覧者の見えている範囲に

画像が表示されてから画像を読み込むにです。

 

要するに閲覧者が見えていない部分は画像の読み込みが行われていないので、

サイトページの読み込み速度が軽くなるのです。

この小さいな違いがSEOに影響するのです。

 

Lazy Loadの設定方法

Lazy Load

 

それでは実際にLazy Loadをインストールして設定していきましょう。

インストール方法は下記リンクからドウゾ!

WordPress プラグインWordPressにプラグインをインストールする方法!
WordPressにはプラグインをインストールする必要があります。 プラグインと言ってもロックマンEXEは全く関係無いですからね...

Lazy Loadはインストールしただけで

特に設定をすることなく効果を発揮するプラグインですが、

このままだと画像の表示のされかたが変なので編集しましょう。

(表現が難しいので高速でチカチカしてながら表示されると書いておきます。)

Lazy Load

 

管理画面から『プラグイン』→『インストール済みプラグイン』に入って

Lazy Loadの編集をクリックします。

 

Lazy Load

 

編集画面に入ったら画面右の『lazy-load/is/lazy-load.js』をクリックします。

(WordPressのバージョンによって表示されている位置が違うので注意)

 

Lazy Load

 

この画面に入ったら赤枠で囲ってある数字を半角数字で400にします。

(デフォルトだと200)

正確には400~600がオススメされている数値ですが、

違いがよくわからないので取り敢えず400にしておいて下さい。

最後に画面下の『ファイルを更新』をクリックすればLazy Loadの設定は完了です。

 

サイト高速化に関する注意!

 

SEOの為にサイトを高速化するためのプラグインを導入することはいいことですが、

高速化させる為のプラグインは沢山ありますし、全部使えばいいというわけではありません。

(キリが無くなるのである程度だけ気を使おう)

 

それに高速化系のプラグインは他のプラグインやWordPressのテンプレートの組み合わせによっては

不具合が出てしまうことがありますのでご注意下さい。

 

なので高速化プラグインをインストールする時は目的に合わせて

インストールするといいでしょう。

Lazy Loadの場合はの『画像を沢山使う為』にといった感じにね。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

サブコンテンツ