Favicon Rotatorを使ってファビコンを設定しよう


Favicon Rotator ファビコン

 

本記事ではファビコンを設定するプラグインFavicon Rotatorの使い方を解説していきます。

Favicon Rotatorを使うことで好きな画像を自分にサイトのファビコンに設定できます。

ファビコンは自分のサイトの個性が出るので、設定しておきましょう。

 

そもそもファビコンって何?

 

Favicon Rotatorでファビコンを設定する前に

ファビコンについて説明する必要がありますね。

パソコンを触っていればファビコンってよく目にする物ですが、

ファビコンという言葉は普段聞かない名前だと思うのでちゃんと説明します。

 

Favicon Rotator ファビコン

 

この赤枠で囲ってある部分がファビコンです。

言ってしまえばサイトのアイコンですね。

よく目にするけど、なんて名前なのか考えた事がある人は少ないと思います。

 

ファビコンは言わばアクセサリーのように目立たせる物です。

デフォルトのファビコンよりも自分で作ったりフリー素材を使って

ファビコンを設定した方が新規のサイト訪問者に覚えてもらいやすくなります。

 

それでは実際にFavicon Rotatorを使ってファビコンを設定しましょう。

 

Favicon Rotatorの設定の仕方

Favicon Rotator ファビコン

 

最初にプラグインFavicon Rotatorをインストールして有効化しましょう。

※WordPressのプラグインのインストール方法は下記リンクを参照に!

WordPress プラグインWordPressにプラグインをインストールする方法!
WordPressにはプラグインをインストールする必要があります。 プラグインと言ってもロックマンEXEは全く関係無いですからね...

インストールして有効化した後は、

『外観』→『Favicon』とクリックしてFavicon Rotatorの管理画面に入りましょう。

 

Favicon Rotator ファビコン

 

AddIconはパソコンのブラウザで表示されるファビコン

SetIconはスマホやタブレットで表示されるファビコンを設定できます。

 

ファビコンに最適な画像サイズが気になると思いますが、

Favicon Rotatorはファビコンの画像サイズを自動で最適化するので、

基本的に元の画像サイズは気にする必要はありません。

 

設定が完了したらSave Changesで保存しましょう。

 

最後に:ファビコン画像を選ぶ時の注意点

 

最後に1つだけファビコン画像に関する注意があります。

それはファビコンで表示される画像のサイズは64×64でとても小さいです。

 

ファビコン画像はとても小さいので、

元の画像が複雑なデザインをしているとファビコン化した時に

何が何だか分からなくなってしまいまって気持ち悪くなってしまいます。

 

当然気持ち悪い画像を使うとブランディングとしては逆効果なので

ファビコンに使う画像はシンプルに分かりやすい物を使いましょう。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

サブコンテンツ