Revision ControlでWordPressを軽量化


Revision Control

 

WordPressのプラグインには「取り敢えずコレを入れておけ!」的な

プラグインが数多く存在しており、Revision Controlもその内の1つです。

 

Revision ControlはWordPressのリビジョン数を自動で制御し、

自動保存の機能を最大限生かしてくれるプラグインです。

 

何を言っているのか分からないと思うので、

分かりやすく説明すると、Revision ControlはWordPressを軽量化してくれて

色々と役に立つ素晴らしいプラグインということです。

 

Revision Controlの機能とインストールする理由

 

Revision ControlはWordPressを軽量化(高速化するとも言う)すると言っても

何言ってるのか分からないと言う方も出てくると思います。

 

それについてはRevision Controlをインストールした方がいい理由を説明しましょう。

 

WordPressには、作成した記事と画像を自動保存する機能があるのですが、

自動保存された履歴がWordPressのデータベースに残ります。

データベースに残った履歴はデータベースを圧迫してサイトを重くしてしまいます。

 

更にデータベースの圧迫はSEOにも関わってきます。

データベースが圧迫されてサイトが低速すると画面が出るのが遅くなります。(重くなると言う)

Googleの観点から見ると重いサイトはストレス以外の何者でもないので、

検索エンジンに表示されるコンテンツとしては嫌われます。

 

そこで高速化(画面が表示されるのが早くなる)をするために

Revision Controlをインストールしてサイトの負荷を取り除いてあげるのです。

 

こんな風に書いても初心者の方にはわけがわからなくなるので、

書きに掲載するRevision Controlの効果を1つだけでも覚えていて下さい。

 

Revision Controlのインストールで記事作成が長期化しても画面が重くなりにくいです!

(2000文字以上の長文を書く時に下書き保存を連打する回数が減ります)

 

Revision Controlの設定

Revision Control

 

それでは実際にRevision Controlをインストールして設定していきましょう。

インストール方法は下記リンクからドウゾ!

WordPress プラグインWordPressにプラグインをインストールする方法!
WordPressにはプラグインをインストールする必要があります。 プラグインと言ってもロックマンEXEは全く関係無いですからね...

インストールして有効化したら、

『設定』→『Revisions』をクリックします。

 

Revision Control2

 

この画面がRevision Controlの設定画面ですが、

触る所はPosts(記事投稿)だけで大丈夫です。

 

PostsをMaximum 3 Revision stored(リビジョン最大保存数3)に設定して

Save Changes(保存)をクリックします。

 

以上でRevision Controlの設定は終了し、

アナタのWordPressは高速化することに成功しました。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

サブコンテンツ