『所得0対策』Google AdSenseの複数取得方法!


Google Analytics

 

過去にGoogle AdSenseの取得の方法を掲載してきましたが、

本記事はもしも複数のGoogle AdSenseが必要になった時の方法を紹介します。

関連記事一覧
Google AdSense1次審査に申し込む方法を解説!
Google AdSense1次審査に通過する方法を解説!
Google AdSense2次審査通過の方法を解説!
Google Adsense2次審査後のPINコード入力等を解説!

 

Google AdSenseのアカウントは複数必要?

 

Google AdSenseのアカウントは複数必要なのかと言われたら

答えはNoと言い切れます。

何故ならGoogle AdSenseは一つあれば十分ですし、

Google AdSenseの利用規約で複数所持しない事を定められているからです。

 

では何故Google AdSenseの複数取得の方法を書いていくのか?

それはもしもGoogle AdSenseが使用停止になった時の事を考えている

心配性の方の為にお教えするからです!

 

ネットビジネス初心者向けのノウハウとして、

Google AdSenseを使ったトレンドアフィリエイトを行っていくわけですが、

何かの拍子で停止させられてしまい、

今までの報酬がパーになる確立は0ではありません。

 

ペナルティを受けて検索エンジン外に飛ばされた方がまだダメージは少ないです。

アクセス数が減ってしまうだけですからね(それでも痛いけど)

しかしGoogle AdSenseの使用が停止させられたら元も子もありません。

 

Google AdSenseが使用停止になった理由

 

そういうことなので、

Google AdSenseが使用停止になってしまっても

対策をすることは可能でありますが・・・

 

もしも今アナタがGoogle AdSenseの使用が停止させられたとします。

Google AdSenseのアカウントの再取得に踏み込めば良いですが、

使用停止にさせられた理由を考えないとまた同じことが発生します。

 

Google AdSenseを使用するには、

アドセンス広告の利用規約に則って使用していく必要があります。

 

この利用規約ですが実は不定期に中身が変わっており、

「以前は◯◯が使えたけどこの日付から使えなくなるよ」的な

告知が行われません。

 

そういうことなので、

Google AdSenseの利用規約は定期的に確認すると良いでしょう。

 

Google AdSenseを再取得・複数取得する

 

それではGoogle AdSenseのアカウントを再取得(複数取得)していく方法ですが、

基本的に最初にGoogle AdSenseの申請をした時とやり方は変わりません。

 

やり方は変わりませんが注意点があり、

同一人物であると思われないことが重要です。

 

前述したようにGoogle AdSenseは1人1アカウントの決まりなので、

同じ個人情報の提示をしただけではGoogleから

「コイツ停止したのに性懲りもなく来たぞ」と思われて申請が通りません。

 

なのでGoogle AdSenseアカウント取得に必要な個人情報は

各項目毎にこういった感じにGoogleに提示しましょう。

 

・名前

友人や家族の名義を使います。

 

・住所

一人暮らしなら実家、実家住まいなら親戚の家等

信頼出来る所の住所を使いましょう。

 

最悪の場合には私書箱を使うといった手段もあります。

 

・銀行口座

別の銀行口座を開設しましょう。

 

・メールアドレス

新しくする必要がありますが、Googleのアカウントのように

フリーのメールアドレスなら何を使っても良いです。

 

・電話番号

自分が信頼出来る人物であれば他人でも構いませんが、

緊急時に本人確認の連絡が取れる家族の番号が良いです。

最悪の場合は電話番号を変更することですね。

 

・パソコンを変える

再取得の際に一番重要な所で、

最初にGoogle AdSenseの申請をしたパソコンを使ってはいけません。

 

IPアドレスがGoogleに伝わってしまっているので、

他人のなりすましだと判別され、申請が通りません。

 

なので別のパソコンを使いましょう。

それこそネカフェでも構いません。

 

再取得した時の注意点

 

無事にGoogle AdSenseのアカウントを再取得(複数所持)したとしても

最初にアドセンス広告を使っていたサイトには使わないで下さい。

 

 

つまり『サーバー契約』→『Analytics連携』

→『サイト構築』→『FTP登録』といった手順を再び行わなければなりません。

 

要するに0からのスタートになってしまうのですよ。

当然軌道に乗るまでに時間が掛かります。

だからこそGoogle AdSenseの使用停止されることは痛いのです。

 

最後に・・・

 

実は半年経過すれば使用停止された

Google AdSenseのアカウントが復活するのです。

 

『アカウントを停止する=破壊する』ではなく、

アカウントを保管し続けているので

Google側のサーバーに負担が掛かります。

そこで半年も経過すれば、使用しても良いことになるのですが・・・

 

半年も待つなんて現実としてあり得ない事なので、

停止されたら停止された理由を考えて再取得に臨んだ方が

よっぽど精神衛生的に良いです。

 

皆さんもGoogle AdSenseを使用していくのであれば、

アカウントが停止されないように意識をして下さい。

 

あくまでも再取得は最終手段でございますので・・・・

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

サブコンテンツ