キャプチャーソフトRaptureを使ってみよう


onigiri_character

 

本記事ではキャプチャーソフトRaptureについての説明をしていきます。

 

ネットビジネスを行っていたりブログを書いていたりすると

何かとスクリーンショットを保存する機会が多いので、

Raptureは是非とも使い方を覚えておきたいソフトです。

 

余談ですが私の場合Raptureとの出会いは絵を描く時に、

画面を切り替えずに資料を見たいと考えていた時に出会ったソフトなので

私がネットビジネスを始める前からの付き合いあるソフトでもあります。

 

Raptureのダウンロード

 

それでは最初にRaptureをダウンロードしましょう。

Raptureはこのサイトからダウンロードできます。

 

Raptureのダウンロードサイトでは付箋的な使い方をすると

説明していますが、前述したように実際に私もそれ目的でした。

 

付箋的な使い方は勿論ですが、

キャプチャー画像を簡単に作る事ができるので

直ぐにダウンロードしましょう。

 

Raptureの使い方

 

※実はダウンロードサイトで使い方が書いてあるが

説明しないのは野暮なのでコチラでも説明させて頂きます。

 

最初にRaptureのファイルを開いて

Rapture.exe』と書いてあるオニギリのアイコンをクリックします。

クリックするとマウスポインターが十字になるので

起点を定めてキャプチャーする範囲を広げて放した所までの部分を

キャプチャーすることができます。

 

保存をする時はキャプチャー画像の上で右クリックをして

『ファイル』→『保存』で保存が可能です。

 

他にも回転させたりマーカーを塗ったりすることもできます。

 

これだけ優秀なRaptureですが、たった一つだけ欠点があります。

起動中に画面のスクロールが出来ないことです。

 

その為に縦に長い物をキャプチャーしたい時にはRaptureでは

何度も小分けしてキャプチャーする必要が出てきます。

 

でも安心して下さい。

Raptureとは別のキャプチャーツールがありますので

それについては別の記事で掲載していきます。

 

これにてRaptureの説明を終わります。

 

サブコンテンツ