WP External LinksでNo followタグを自動化しよう


WP External Links 

 

WordPressでブログを書くと高い頻度で

外部サイトのリンクを貼ることがあると思います。

(例:トレンドアフィリエイトで水着ネタをやる時に)

 

しかし外部サイトのリンクを掲載すると

リンク先のサイトに自分のサイトのSEOパワーを分け与えてしまいます。

(その逆も然り)

 

特にリンク先のサイトが大手の場合は逆のパターンになれば儲け物ですが、

そんな事は滅多にないので自分のサイトのSEOが強くなるスピードが落ちます。

 

リンクを貼り付けた時に『rey=”nofollow”』タグを付ければ

SEOパワーを渡さずに済みますが、一々nofollowタグを付けるのは面倒です。

 

そこでnofollowタグを自動で付けてくれるプラグイン

WP External Linksの出番です。

 

WP External Linksの設定方法

 

※プラグインのインストール方法は下記リンクから

 

WordPress プラグインWordPressにプラグインをインストールする方法!
WordPressにはプラグインをインストールする必要があります。 プラグインと言ってもロックマンEXEは全く関係無いですからね...

 

WP External Links

 

有効化した後は『設定』の下に『External Links』をクリックしましょう。

(この点が他のプラグインと違う)

 

WP External Linksには色々と設定する部分が多いのですが、

弄る項目は2項目だけですので安心してください。

 

 

WP External Links2

 

・General Setting

 

Open external links inで赤枠の所にチェックをいれましょう。

こうすることでリンク先が新規ウィンドウで開くようになります

『リンクの挿入/編集』を使う時に少しだけ時間が短縮できます)

 

Apply plugin setteings onはサイトのどの部分に

nofollowタグを付けるかを設定する場所です。

上から『全てのコンテンツ』『コメント欄』『ウィジェット』

何れかにチェックを入れられますが、

『全てのコンテンツ』(Post comtent)にチェックを入れることが

有効だと言われています。

 

もしも他の部分にチェックが入っているとしたら

その部分はそのままで大丈夫です。

 

※WP External Linksは項目ごとに『変更を保存』があるので

少しだけ意識しておきましょう。

 

WP External Links3

 

・SEO Setting

赤枠で囲ってある部分にチェックを入れましょう。

ここが外部リンクへのnofollow設定をする場所です。

 

その他の部分は特に弄らなくて大丈夫です。

 

最後に

 

これでWP External Linksの最低限の設定は完了です。

指定した所だけ設定すれば事足りるので、

Style Settingの方法については後日追記するか別の記事で

掲載しようと思っております。

 

サブコンテンツ