Post-viewsを使ってサイトのアクセス解析をしよう


Post-views

 

今回は滅茶苦茶便利なプラグインPost-viewsの紹介をしていきます。

 

サイトやブログを運営しているとアクセスが

どれだけ集まっているのか気になりますよね?

 

それも記事の一つ一つをアクセスを解析すれば

どの記事が人気でどの記事が人気が無いかを一目で把握し、

今後サイトを有益な物にする為に対策を練ることができます。

 

GoogleAnalyticsを使ってアクセス解析をすることもできますが、

一目でアクセスを確認したい場合にはPost-viewsをオススメします。

 

※GoogleAnalyticsについては下記リンクで

Google AnalyticsGoogle Analyticsを設定してアクセス解析をしよう!
ブログやサイトを使って稼いでいく以上アクセス解析は重要になってきます。 記事を書いて投稿したらそれでおしまいでは...

 

Post-viewsを設定すると

 

Post-views

※プラグインのインストール方法は下記リンクから

WordPress プラグインWordPressにプラグインをインストールする方法!
WordPressにはプラグインをインストールする必要があります。 プラグインと言ってもロックマンEXEは全く関係無いですからね...

 

Post-viewsの設定は至って簡単です。

インストールして有効化するだけなので設定も何もしなくてよいのです。

 

Post-views2

 

アクセスを確認したい時には『設定』→『Post-views』

アクセスを確認することが出来ます。

 

単純にアクセスを確認できるだけでなく、

『Today』『Week』『Month』の期間毎のアクセスを一目で

確認することが出来るので非常に便利です。

 

Post-viewsの注意点

 

といった具合にPost-viewsは非常に便利ですが、

欠点が一つだけ存在します。

 

それはPost-viewsを有効化した日からアクセス解析が開始されることです。

なのでPost-viewsのインストールは早めに行っておきましょう。

(寧ろ初日からインストールすべき)

 

Post viewsに注意

 

Post views

 

アクセス解析をするWordPressのプラグインは複数存在し、

Post-viewsのハイフンが書いていない『Post views』というプラグインが存在します。

 

Post views2

 

Post views『投稿一覧』でアクセス数が表示されるようになるプラグインです。

 

お恥ずかしい話ですが私は初心者の頃にPost-viewsPost viewsと間違えて

長期間Post-viewsを使用していなかった時期があります。

 

Post viewsはあくまでも投稿一覧での

トータルアクセス数を確認することができるプラグインであって

Post-viewsの様に期間毎のアクセス数を確認できるといった物ではありません。

 

勿論Post-viewsと同じで有効化した日からアクセス解析を始めます。

Post viewsのインストールは個人の好みですので、

インストールしなくても特に問題は無いです。

 

以上でPost-viewsの説明を終わります。

 

サブコンテンツ