AS Auto Sitemapで目次を作ろう!


 

AS Auto Sitemap

 

サイトと言ったら目次が必要ですよね、

目次が有るか無いかでユーザビリティに違いが現れ、

(2クリックで目的のページ行けるのが望ましい)

Googleの評価に直結する=SEOの強化にも繋がるのです。

 

サイト訪問者が少しでも見やすいように

PsAutoSitemapをインストールして目次の項目を作りましょう。

 

PsAutoSitemapをインストールして目次を作ろう

 

最初に『プラグイン』からPsAutoSitemapをインストールしましょう。

 

※プラグインのインストール方法!

WordPress プラグインWordPressにプラグインをインストールする方法!
WordPressにはプラグインをインストールする必要があります。 プラグインと言ってもロックマンEXEは全く関係無いですからね...

 

PsAutoSitemap

 

PsAutoSitemapを有効化したら『設定』→『psAutoSitemap』

ページに入って一番下にスクロールして赤枠で囲ってある部分をコピーします。

 

PsAutoSitemap2

 

次に『固定ページ』→『新規作成』目次とタイトルを付けて

本文に先ほどコピーしたコードを貼り付けてから公開します。

 

PsAutoSitemap3

 

公開をクリックしたら、同じページ(編集画面)に表記されている

『post=数字』の数字の部分をコピーします。

 

PsAutoSitemap4

 

そうしたら再度PsAutoSitemapの設定画面に入って

『サイトマップを表示する記事』にコピーした数字を入れます。

そうしたら下にスクロールをして『設定を保存』をクリックします。

 

これで目次(サイトマップ)が完成します。

 

最後に・・・

 

これにてサイト訪問者向けのサイトマップの作成が完了したわけですが、

あくまでもサイト訪問者向けのコンテンツなので、

Googleのクローラー向けのサイトマップを作成していないのであれば、

下記リンクを参考にしてクローラー向けのサイトマップを作成しましょう。

Google XML SitemapsGoogle XML Sitemapsを使ってインデックス速度を早めよう
XML サイトマップとは検索エンジンのクローラー専用の目次です。 サイトを更新して検索エンジンに反映されるためには ...

 

まだやっていないのであれば、

SEO対策の為に是非やっておいて下さい。

 

サブコンテンツ