Google Adsenseの規約違反でアカウント停止にならないように


 

Google Adsense 規約違反 アカウント停止

 

Google Adsenseの広告はクリックされるだけで収益が発生するので

ネットビジネス初心者にはオススメのやり方でありますが、

その判明規約が厳しく、一歩間違えれば現在のアカウントで

Google Adsenseが使えなくなってしまいます。

 

今回の記事ではそんなことにならないように

しっかりと読み込んで記事を書く時に意識していって下さい。

 

GoogleAdsense規約違反画像編!

 

Google Adsenseを使用するに当たって、

使用してはいけない画像がございます。

 

・アダルト系

Google Adsenseは極端な話、

『子供が見ても大丈夫』であることが求められているのです。

 

つまり性的な物を想起させられるような画像はNGです。

見えて無ければOKというわけでなく、水着や露出度の高い服装がNGです。

 

へそ出しやミニスカートも規約違反としてみなされるので要注意!

ちなみに男女関係無く肌色成分が強いのはNGです。

小島よしおとにかく明るい安村が良い例です。)

 

ちなみに私の経験上イラストだと少し規制が緩いです。

(特にデフォルメされているイラストが該当する)

スマホゲームの攻略サイトでGoogle Adsenseを使っており、

露出度の高いキャラクターの絵を使っていても消えませんからね。

(人の役に立っているという意味でGoogleから評価されている)

 

とにかく「この服装で大丈夫かな?」と思ったら

その画像を使わないで別の画像を探しましょう。

 

・肖像権があるもの

 

肖像権というのは、主に芸能人の画像ですね。

勝手に画像を拝借するのはNGということです。

 

それでもネットを検索すると様々なサイトが芸能人の画像を使っていますが、

どちらかというと芸能事務所から黙認されていると考えた方が良いです。

 

時と場合によっては新人の知名度の向上に繋がる場合があるので、

完全にNGとなることは無いです。

(その芸能人本人からふぁぼされたりする事もあり得る)

 

ただしジャニーズは肖像権に滅茶苦茶厳しいので

絶対に使ってはいけません。

 

それと芸能人でなくとも、

ディズニーも肖像権に厳しいのでそちらも絶対に使わないで下さい

 

・一般人の画像

 

芸能人でも著名人でも何でもない一般人の画像はNGです。

使いたい画像に一般人が紛れ込んでいる場合はモザイク加工で処理していきましょう。

 

Google Adsense規約違反文章編!

 

どんな文章を使ったら規約違反になるのかと言うと、

・反社会的(危ない薬・一般常識が通用しない組織)

・暴力的(事故・死・殺)

・アダルト(連想させるのもアウト)

・個人名(一般人)

・お酒(ワインを除く)

 

どうしてもこれらのネタで書きたいのであれば、

上手い言葉を見つけてぼかしていきましょう。

 

それと暴力的な言葉で付けられた名前がありますよね。

(例:暗殺教室、死神くん、)

 

これらの言葉を使用した名作が存在することは事実であり、

これらのタイトルをブログの記事に書く人はいますが、

私の場合は怖いので一切使いませんでした。

 

なのでグレーゾーンよりも限りなく黒に近いです。

 

アカウント停止になる前の予兆は?

 

細心の注意を払って頑張ったとしても、

コチラが規約違反をしてしまったのであればGoogleは丁寧に教えてくれません。

大概の場合いきなり『アカウントを停止にしました』のメールが飛んできます。

 

しかしそれを未然に防ぐ方法があります。

それはGoogle側がアカウント停止ギリギリでヒントをくれます。

 

その内容は1ページだけ広告が表示されていない事です!

 

他の記事には広告が表示されているのに

その記事にだけ広告が表示されていないのであれば、何か問題点がある筈です。

 

発見次第その記事のキーワード、文章構成、画像を確認して直しておきましょう。

 

過激なネタを使った方が世の注目を浴びて稼ぎやすいのは事実ですが、

健全なキーワードとテーマを使用して安全に進むことが大事です。

今回の記事を良く読み、記事作成を行って下さい。

 

サブコンテンツ