Google XML Sitemapsを使ってインデックス速度を早めよう


 

Google XML Sitemaps

 

XML サイトマップとは検索エンジンのクローラー専用の目次です。

サイトを更新して検索エンジンに反映されるためには

更新情報をクローラーにインデックスしてもらう必要があります。

 

そこでクローラーが更新情報を

インデックスしやすいように目次を作る必要があります。

クローラーは定期的にXMLサイトマップを巡回して

更新情報を検索一覧に反映させるのですが、

コチラ側が何もしないとクローラーが巡回してくる事を待たなければなりません。

 

受け身の姿勢でいることは普通に考えて良くないことですし、

何よりもアクセスを集めるのであればコチラからクローラーに

「更新したのでインデックスお願いします」と頼む方が明らかに良いです。

 

そこでインデックス速度を上げる為にWordPressに

Google XML Sitemapsというプラグインをインストールして

その情報をSearchConsoleに登録しちゃいましょう!

 

Google XML Sitemapsの設定

 

Google XML Sitemapsをインストールする前に

Search Consoleの登録を済ませていないのであれば

下記リンクを参考に登録を済ませて下さい。

Search Console Search Console(ウェブマスターツール)の登録方法
Search ConsoleとはGoogleが提供している無料のサイト管理ツールで、 過去にはGoogleウェブマスターツールと呼ばれてお...

 

※更にプラグインの方法が分からなければ下記リンク参考に!

WordPress プラグインWordPressにプラグインをインストールする方法!
WordPressにはプラグインをインストールする必要があります。 プラグインと言ってもロックマンEXEは全く関係無いですからね...

 

サイトマップ

 

それでは最初にWordPressの管理画面から

『プラグイン』→『新規追加』でGoogle XML Sitemapsを

インストールしちゃいましょう。

 

サイトマップ2

 

次にSearch Consoleのダッシュボード画面から

『サイトマップ』をクリックしましょう。

 

サイトマップ3 

次の画面の右端に『サイトマップの追加/テスト』のボタンがあるので

この画面に移ったらWordPressに戻って『設定』→『XML Sitemaps』

クリックして次の画面を出しましょう。

 

サイトマップ4

 

XML Sitemapsの設定画面に入ったら、

赤枠で囲っている部分を下記画像のように入力します。

 

サイトマップ5

サイトマップ6

 

こうしたら『送信』をクリックします。

すると『アイテムを送信しました』と表示されるので、

『ページを更新する。』をクリックします。

 

サイトマップ7

この画面が出現すればGoogle XML Sitemapsの設定が完了です。

正直な話この作業はクローラーにしか見えない部分の気遣いなので、

「分けわかんないし自分は何をやっているのだろう?」と思うかもしれません。

 

しかし使用していくうちに分かって来くる物なので、

この記事を参考にして頑張って見て下さい。

 

 

サブコンテンツ