Search Console(ウェブマスターツール)の登録方法


 

Search Console 

 

Search ConsoleとはGoogleが提供している無料のサイト管理ツールで、

過去にはGoogleウェブマスターツールと呼ばれておりました。

 

SEO対策にはもってこいのツールであり、

デメリットが一切無いので早い内に導入してしまいましょう。

 

SearchConsoleで出来ること

 

SearchConsoleを導入すると

何ができるようになるのかを掲載していきます。

 

・サイトのエラーや改善点を教えてくれる

・新しく記事を書いた時にインデックス速度を早める事ができる

・どんなキーワードで検索されているのかを確認できる

 

あまりピンとこないと思いますが、一例を説明しましょう。

例えば記事の中に外部リンクを貼り付けたとしましょう。

そして時間が経過した時にリンク先が消滅したら教えてくれます。

 

SearchConsole前置き

赤枠で囲われている部分が、

リンク先が消滅したりした時のアナウンスでございます。

リンク切れが起こっているのをほったらかしていると、

Googleがサイトを巡回した時に「このサイトは手入れされてない」

判断されてしまう可能性があります。

 

このようにサイトのお手入れに使うことが出来るので、

導入して損することはありません。

 

SearchConsoleの登録方法

 

それではSearchConsoleの登録方法を書いていきます。

前提としてFFFTPに登録をしている状態でないと

作業が開始出来ないのでまだ登録を済ませていない場合は

下記リンクを参考にFFFTPへの登録を済ませちゃって下さい。

FTPソフトFFFTPの使い方や設定方法を解説!

 

最初にGoogle Search Consoleへ入りましょう。

 

SearchConsole

最初に『プロパティの追加』をクリックして

サイトのURLを入力します。

 

SearchConsole2

 

次はGoogle側にアナタのサイトは本物ですよ

ということを証明させる作業になります。

『おすすめの方法を』選択して上記の様な画面を出します。

もしもそうでない画面が映ったら『別の方法』からこの画面を探しだして下さい。

 

赤枠の部分をクリックしてファイルをダウンロードしましょう。

それとファイルをダウンロードする前に注意ですが、

他のファイルをダウンロードして履歴が残っている場合に、

ファイル名に(2)等の数字が混じってしまう場合がございます。

そうなると次の作業に支障をきたすので

一度インターネットの画面を全て閉じてからここまでの作業に戻りましょう。

(もしくは別々のブラウザを使うのもアリです。)

 

SearchConsole4

 

次にFFFTPを開き『接続』を選択します。

そしたらファイルが複数出てくるので『自分のサイトのURL』

ファイルを選択して『public_htlm』を開きましょう。

 

SearchConsole5 - コピー

 

 

public_htlmを開いたら赤枠の辺りにファイルを

ドラッグ&ドロップしちゃいましょう。

 

SearchConsole3

 

ドラッグ&ドロップが完了したらこの画面に戻って

赤枠の部分をクリックしましょう。

 

SearchConsole6

こんな感じの画面が出てきたら成功です。

もしも出てこなかったらアップロードしたファイルの名前を確認しましょう。

(2)等の数字が入っていたら『名前の変更』で数字を消しておけば正常になります。

 

もしくはアップロード先のファイルを間違えたかですね。

アップロード先は『public_htlm』なのでよく確認しておきましょう。

 

その後に前の画面に戻って『確認』をクリックします。

『(サイトURL)の所有権が確認されました』

メッセージが出れば作業は完了でございます。

 

これにてSearch Consoleの登録は完了です。

FFFTPを導入しての始めての作業になるかと思いますし

非常にストレスを感じたかもしれませんが、

やっておくのとやらないのとでは天と地のほど差が出ますからね。

 

実はSearchConsoleに登録することによって

WordPressのあるプラグインが使えるようになるのですが、

そのプラグインに関しては別の記事で掲載していきます。

 

 

サブコンテンツ