広告表示を楽にするAdSense Managerの使い方!


 

トレンドアフィリエイトを行っていくに当たり、

書いた記事の中にアドセンス広告を仕込まなくてはなりません。

 

広告を仕込むにはアドセンス広告のコードを記事内に

貼り付けないといけませんが・・・・

普通に考えていちいちコードをコピペするのは面倒です!

 

そこでそんな手間を省く為のプラグインがありまして、

そのプラグインの名はAdSense Managerです!!!

このプラグインを導入すればコードをコピペして貼り付ける必要がありません!

 

AdSense Managerの使い方!

 

AdSense Manager

 

プラグインのインストール方法は下記リンクを参考にしてください。

WordPressにプラグインをインストールする方法!

 

『プラグイン』から『AdSense Manager』をインストールして有効化させます。

 

GoogleAdSense

 

次にGoogle AdSenseにログインして『コードを取得』をクリックします。

GoogleAdSense3

 

次に広告コードをコピーします。

 

AdSenseManager

 

WordPressの管理画面の『投稿』『Ad Units』をクリックします。

赤枠の中にコードを貼り付けますが広告の上には・・・

『広告』

『スポンサーリンク』

『スポンサードリンク』の何れかの文字を表示させねばなりません。

<p style=”text-align: center;”>スポンサーリンク<br />自分のアドセンスコード</p>

 

コードを貼り付けたら『Import』をクリックします。

 

AdSenseManager2

 

次の画面に入ったら『name』に好きな文字を入れて、

『Display Options』の項目を全て『YES』にして

『Save Changed』をクリックします。

 

AdSenseManager3

 

設定が完了したので、実際に記事作成画面で試してみましょう。

アドセンス広告を表示させるコマンドは[ad]です。

[ad]と入力したら『中央揃え』を使いましょう。

 

AdSenseManager4

 

するとこんな感じに表示されます。

これでアドセンス広告を楽に表示するプラグイン

AdSense Managerの解説を終わります。

 

アドセンス広告を貼る時の注意点

 

最後にアドセンス広告を貼り付ける時に注意が幾つかあります。

 

・アドセンス広告は1記事に3つまで

・貼り付けた画像に続けて広告を貼ることは禁止

・貼り付けたリンクに続けて広告を貼ることは禁止

・画像orリンクと広告の間には必ず文章を入れましょう。

 

上記の様な事を守らないとペナルティが発生して

検索一覧から飛ばされてしまう可能性が高いです。

 

ペナルティについては別の記事で解説していきますので

記事が書けましたらリンクを貼ります。

 

AdSense Managerを少しでも記事作成を楽にしましょう!

 

サブコンテンツ